« 珍客現る:若レンジャー | トップページ | シラカシ・クヌギ・コナラの共通点:齊藤CC  »

2006年10月21日

牛久市緑の少年団 結団式 :齊藤CC

いよいよ秋冬の「森づくりシーズン」が到来!
今日は子どもたちの子どもたちによる森づくり体験教室「牛久市緑の少年団 結団式」を開催しました。
小学1年生から6年生まで、28人のお友達が未来の森づくりへ向けて集結しました。
Entyou

まずはじめはネイチャーセンターでのオリエンテーション。
石神良三団長(園長)による「森と生きものたちの住みか」のお話の後、小学1年生、2年生、3年生までのグループと、小学4年生、5年生、6年生のグループの二つに分かれて活動開始です。
Harapa
下の学年のグループは石神団長&渡辺レンジャーとつる切りとリース作り、上の学年のグループは齊藤&加藤レンジャーとバッタの原で森づくり講習です。上級生たちはバッタ原で針葉樹の葉っぱの見分け方を学び、午後の火起こしの事前学習を行いました。その後、不思議なキノコ探し&スケッチを行い、見事に数種類のキノコを発見する事が出来ました。

Kinoko

上級生グループはその後、竹ご飯作りの為の竹伐りへ向かい、慣れない手つきながらも真剣に作業に励みました。下級生グループは火起こしの準備をして、その後齊藤レンジャーと様々なタイプの森林を見学に森の奥へと探検に出発しました。探検ではドングリ拾いやメダカ探しなど約1時間、さわやかな秋の森を散策する事が出来ました。そしてその間頑張って準備をしてくれた上級生たちの努力の結晶、豚汁と竹の器で焼いた竹ご飯を食したあとはネイチャセンターでふりかえり&焼きイモ(ちょっと生煮えなのでお持ち帰りです)、時間はあっという間に過ぎましたが、なんとも贅沢な1日となりました。

Matome
次回は12月、季節はいよいよ冬です。子どもたちの森づくり体験も本格的にスタートします。
どんな出会いが待っているかとても楽しみです♪

|

« 珍客現る:若レンジャー | トップページ | シラカシ・クヌギ・コナラの共通点:齊藤CC  »