« 図書コーナーリニューアル;森の図書係 | トップページ | ガイドツアー『鳴く虫を探そう』:上野レンジャー »

2006年9月17日

バードウォッチングとカワセミの池の手入れ:若レンジャー

060917bard01
今日は第3日曜日!と言うことは定例探鳥会バードウォッチングの日です。
牛久自然観察の森ボランティア、とりの貝のみなさまの解説を聞きながら鳥を観察できるすごくわかりやすバードウォッチングです。

9月に入ってから涼しい日が続き、森の中でもかなり鳥が見やすくなって来ていたので、バードウォッチングの日を楽しみにしていました。とくに、バッタの原ではエゴノキの実を一生懸命運ぶヤマガラをじっくり見る事ができました。
しかし、森の中に入ると後が続きません…。
ここ数日上空ではオオタカが飛んでいたり、南へ向かう途中なのかサシバらしき鳥が上空を旋回していたりとサプライズが起きそうな気配はあったのですが、どうも天気もはっきりしないし鳥の数も今一つ。
と言うことで、今回もビートルズトレイルの方へ。
060917bard02
稲刈りが進んで、小野川周辺も一ヶ月前とは見違える景色です。


こちらに来るとなんとノビタキを見る事ができました!
畑の真ん中にある鳥よけの棒(きらきらCDがぶら下がってます)に留まってるじゃないですか(笑
060917bard03
スズメぐらいの大きさのかわいい鳥です。羽根の柄もかわいい。
みんなで、ノビタキ鑑賞中です。


その他にも道沿いの桜の木に花が付いていたり、森を出たらサプライズの連続でした。
その他にもチョウゲンボウやツミが一瞬見えたりダイサギが優雅に舞っていたりと、鳥たちの営みをかいま見れた楽しいバードウォッチングでした。

さらに今日はバードウォッチングの後に、とりの会のみなさまが主導になってカワセミの池の手入れをしました。去年は巣箱の管理をしたそうで、カワセミの池の手入れは丸2年ぶりになります。

060917kawasemi01
作業前と作業後。とってもすっきりしました。写真も撮りやすくなったと思います。


この写真を見ると片づけ過ぎに思えるかもしれませんが、以前に掃除したときにはもっとガマやオモダカを抜いたそうなので2年足らずで水面が無くなるほど増える水草たちにはびっくりです。
060917kawasemi02
泥だらけになりながらの作業でしたが、みんなで冗談を言いあいながら楽しくできました。

|

« 図書コーナーリニューアル;森の図書係 | トップページ | ガイドツアー『鳴く虫を探そう』:上野レンジャー »