« ガイドツアー『どんぐりみーつけた』:若レンジャー | トップページ | 冬支度:若レンジャー »

2006年9月28日

スズメバチにご注意下さい:齊藤チーフ

0609281_1

次の女王バチが育つこの時季は、スズメバチの動向に注意する必要があります。
ただ、ひとくちにスズメバチと言っても、オオスズメバチやキイロスズメバチ、コガタスズメバチなど、大きさや巣の特徴がそれぞれの種類で異なります。観察の森の付近で今年確認された巣は、枯れ枝に球状の巣を作ったコガタスズメバチと、樹洞に巣を作ったモンスズメバチでした。(いずれも園路から近かったため、牛久市環境衛生課指導のもとで巣を撤去することになりました)
こうして並べてみると、テレビや新聞などでよく耳にする「オオスズメバチ」とは違うスズメバチも、私達の生活の身近なところで巣を作っている事が分かります。
ただ、写真にある「小学生の森林体験の様子」を見ていただくと分かりますが、「白い服装」はスズメバチとの遭遇機会を減らすと言われています。スズメバチをただ恐ろしい昆虫だと思うのではなく、この小学生たちの工夫のように、スズメバチの生態・暮らしを少しでも知っておくと、お互いに不幸な体験をしないで済むように思います。みなさんも、どうぞスズメバチと上手に共生できるよう、ハチを取り巻く様々な事柄に興味をお持ください。
※市内でのスズメバチの巣撤去に関するお問い合わせ、ご相談は牛久市役所(029-873-2111:環境衛生課:呼出)まで!
※スズメバチの生態に関する質問は牛久自然観察の森(029-874-6600)までどうぞ!

|

« ガイドツアー『どんぐりみーつけた』:若レンジャー | トップページ | 冬支度:若レンジャー »