« ガイドツアー『原っぱの生き物』:上野レンジャー | トップページ | 第74回自然なんでも探検隊:齊藤チーフ »

2006年9月22日

秋だけど冬?:若レンジャー

観察の森の木々たちも夏の深緑から秋の紅葉へ向かって季節がどんどん移り変わっています。
でも、そんな秋の中、どうやら鳥たちはもう冬のようです。

というのも、「冬鳥」たちが例年よりかなりはやく森にやってきてくれました。
特に多いのがヤマガラです。夏も連日暑い日が続く直前まで森にいて、9月に入り涼しくなると新しい家族をつれて帰ってきてくれたようです。バッタの原では毎日エゴノ実を忙しそうに運んでいる姿がみれます。
060922tori
バッタの原でヤマガラをまっているカメラマンさん。


その他にも杉の木のてっぺんではモズがギチギチギチギチとすごい大きな声で鳴き始めました。
今週に入ってからはカケスも森に来ているようです。
バードウォッチングには冬が最適ですが、寒くなる前の今も森の中を気持ちよく散策しながら集まり始めた冬鳥たちを観察できるいい季節です。
ぜひ、肩ひじ張らずに鳥を観察してみてください。忙しい日々にちょっと和めます。

|

« ガイドツアー『原っぱの生き物』:上野レンジャー | トップページ | 第74回自然なんでも探検隊:齊藤チーフ »