« 秋の特別展示「鳴く虫展」:若レンジャー | トップページ | 訃報(ふほう):若レンジャー »

2006年9月10日

ガイドツアー『バッタ・コオロギの世界』:若レンジャー

毎週日曜午後1時からは大人気のこのコーナー!
毎回旬なテーマの自然をレンジャーがお伝えする観察の森ガイドツアーです。今日のテーマはこちら「バッタ・コオロギの世界」いったいバッタやコオロギはどんな世界で暮らしているのでしょうか・・・

観察の森の中でバッタ、コオロギと言えば、その名のとおりバッタの原です。
まずはバッタの原でどんな種類のバッタやコオロギがいるか実際に捕まえてみました。
060910battakoorogi1
060910battakoorogi2jpg

実はバッタの原8月中に草刈りをしてしまって、まだ草があまり伸びていませんでした。
でも、トノサマバッタやショウリョウバッタ、オンブバッタ、エンマコオロギなど多くのバッタやコオロギを見つける事ができました。
そんなバッタやコオロギも一年という短い一生を頑張って生きています。
では、バッタやコオロギたちはどんな一年を送っているのでしょうか?
卵から子どものバッタ、大人になるまでに待っている危険。そして必死に鳴いて相手を見つけ、卵を生み冬になる前に一生を終える虫たちに思いをはせながらのガイドとなりました。
秋の風物詩とも言える虫たちも過酷な一生を送っているんですね。

|

« 秋の特別展示「鳴く虫展」:若レンジャー | トップページ | 訃報(ふほう):若レンジャー »