« フクロウ&カワセミのバッジ作り:若レンジャー | トップページ | こども小野川探検隊:なべレンジャー »

2006年8月17日

8月17日森の楽校!:若レンジャー

今日は若レンジャーの水辺の観察第2弾!水中探検水の中をのぞいてみよう!です。
でも、最近天気がちょっと変…。今年の夏はスカイレンジャーも困っちゃう天気の連続です。
今日も、午前中は雨が降らない予報だったのに、明け方には土砂降りの雨。このまま雨なのかと思ったら朝にはすっきりした快晴ところころ天気が変わります。
でも、雨の後には水辺に近づかないのが一番!ほんとうは前回と同じようにビートルズトレイルまで行きたかったのですが、急きょコブナの流れでの生き物観察に変更になりました。
060817mizu01

コブナの流れで水辺の観察を始めると、またすぐに雨が降り始めました。
もちろん予報では午後から雨の予報。まったく困った物です。
それでも、森の中では木が元気に茂らせた葉っぱで雨から守ってくれます。
うまくやり過ごしながら朝に仕掛けたビンダルの観察と説明。
雨の中でも元気に観察していましたが、どうやら本降りになりそうな気配を感じたので、急いで観察舎へ。とにかくこのときに降った雨がすごい勢い!本当にバケツをひっくり返したような雨でした。
とても外で観察できるような状況ではないので、観察舎の中で里山の代表的な魚「メダカ」についてお話しました。
060817mizu02


雨が止んだのでネイチャーセンターへ向かって、水槽にいる魚で少しお話して今日の森の楽校は終わりになりました。
今日はとにかく天気に振り回された森の楽校でしたが、雨の時はどういった事に気をつけた方が安全かや、突然の雨の場合にどこに逃げれば雨宿りが出来るかなど、観察だけではなく自分を守る方法も色々体験出来て良かったのではないでしょうか?
水辺も安全を守って観察すれば沢山の生き物や不思議があります。ぜひ夏が終わる前に身近な水辺も観察してみてください。

|

« フクロウ&カワセミのバッジ作り:若レンジャー | トップページ | こども小野川探検隊:なべレンジャー »