« ガイドツアー『赤とんぼの観察』:上野レンジャー | トップページ | 8月22日森の楽校!:若レンジャー »

2006年8月20日

8月20日バードウォッチング:若レンジャー

今日は第三日曜日。
観察の森では第三日曜日に定例探鳥会が開催されています。
この探鳥会では牛久とりの会のボランティアのみなさんに鳥の解説をしていただきながら、身近な鳥の観察をすることができます。

盆を過ぎても残暑が厳しい夏の探鳥会なので、鳥が出てきてくれるか心配しながらのスタート。
まずバッタの原で鳥を探してみると、スギの木のてっぺんにキジバトが留まっているのを発見!
みんなで観察してみます。
060820bard1
鳴き声も良く聞く身近な鳥ですが、改めて観察してみると毛繕いする姿などはとってもかわいい!


バッタの原ではあまり鳥を見る事が出来なかったので、場所を移動しようと後ろを振り返るとなんとコジュケイが子ども連れで園路を横断しているじゃありませんかっ!
060820bard2
あまり見る事の出来ない光景に参加者全員驚きの様子。


その後、園内を散策しましたが、鳥の姿を見る事は出来ず、水辺のビートルズトレイルへ移動。
すると、小野川周辺では、ダイサギやアマサギ、ゴイサギの幼鳥たちの群れなど数々の水鳥を観察することが出来ました。
しかも、上空ではオオタカが2羽で旋回し、時折争う様子を見る事ができまた。
やはり猛禽類、戦う姿は迫力満点です。交錯するたびに歓声が上がります。

今日は夏の暑さの中、バードウォッチングは難しいかと思われましたが、鳥の種類も珍しい光景も沢山観察できたバードウォッチングになりました。
来月からは通常のスタート時間に戻りまして、朝9時からのスタートになります。
みなさんお間違えの内容ぜひごさんかください。

|

« ガイドツアー『赤とんぼの観察』:上野レンジャー | トップページ | 8月22日森の楽校!:若レンジャー »