« 8月20日バードウォッチング:若レンジャー | トップページ | 8月24日森の楽校!:若レンジャー »

2006年8月22日

8月22日森の楽校!:若レンジャー

夏休みも後一週間と数日になりました。今年の森の楽校もあと数回。ラストスパートです。
今日の森の楽校は「森のアート&葉っぱの化石を作ろう!」です。
みんなはアートってどういう意味かわかるかな??
日本語で言うと芸術とか美術って意味になります。でもまだちょっと難しいので、もっと簡単に説明すると、すごく奇麗だなと思うような絵だったり、とっても感動するような映画だったりみんなのまわりにもたくさんあると思います。
その中でも今日は森の中でみられるアートをテーマにしてみたいと思います。

森の中には鳥、虫、植物、動物などいろいろな物があります。そのなかでも、花の様に目で見て単純に奇麗な物、虫の羽根や葉っぱの葉脈の様に奇麗な模様をしている物などなど、沢山の色、形、模様が有る事に気がつくと思います。
そういったことに気がつくように1時間目はカメラゲームと、木肌のこすり出しをやってみました。
060822art1
060822art2


2時間目はレクチャー室に戻って葉っぱの化石作りです。
もちろん本物の化石をつくるには何万年もかかってしまうので、身近な素材の紙粘土を使って作ってみたいと思います。
みんな化石にしたい落ち葉をえらんで紙粘土でつくったベースに貼り付け、ゆっくりはがすと葉っぱの跡が紙粘土に写りました。
小さい葉っぱ、大きな葉っぱ、破けている葉っぱ、ぎざぎざした葉っぱなどなど、葉っぱにも色々な種類が有る事に気がついたと思います。
色を軽く塗って、乾かしたら完成!
060822art3

こういった遊びの要素のなかから一つとして少しでも森の中の色や形の不思議に気がついてもらえればいいなと思います。

|

« 8月20日バードウォッチング:若レンジャー | トップページ | 8月24日森の楽校!:若レンジャー »