« 8月22日森の楽校!:若レンジャー | トップページ | 超ハイテク技術の固まり:若レンジャー »

2006年8月24日

8月24日森の楽校!:若レンジャー

今日の森の楽校!は「モノマネの森」です。
みんなはどんなモノマネ出来るかな??
芸能人?スポーツ選手?お店屋さん?
森の中にもモノマネが得意な生き物がたくさんいます。身近にはどんなモノマネが得意な生き物がいるか探してみましょう!

まずはゲーム「ノアの箱船」生き物を探す前に自分たちがモノマネをしてみましょう!
ノアの箱船のお話はみんな知ってるかな?悪いことばかりしていた人間に神様が怒って大雨を降らせて全部流してしまおうと考えました。でも正直者のノアと一つがいの動物だけは船を作って助かりましたというお話です。
060824monomane1


ここで、「つがい」になるために生き物のモノマネをして相手を見つけるゲームです。
相手が見つからないと大雨が降って流されてしまいます!
みんな上手にモノマネできました。
森の中にもすっごく上手にモノマネする生き物がたくさんいます。
それは、自分の身を守るためだったり、えさを獲るためだったりそれぞれ理由がありますが、生き物のモノマネのことを保護色や擬態といいます。
夏によく鳴いているアブラゼミも木の肌にとっても似ていて鳴き声は聞こえても木に留ってるのはなかなか見つけづらいよね。
そういったことに注目して生き物を探すともっと新しい発見があります。
最後に森に色々な「物」を隠して見つけられるか探してみるカモフラージュというゲームをしてみました。
派手な色の物は見つけやすいけど、茶色や緑の自然の中にあるような色の物や、葉っぱや木に似せて作ってあるおもちゃはとても見つけづらいです。
060824monomane2
この中にも2つ隠れています。
さてどこでしょう??写真じゃちょっと見づらいですね。


今日一日で、色々なモノマネの体験ができたと思います。
生き物の色、模様には絶対に意味があります。おかしな模様のパンダにもちゃぁ〜んと意味があります。
ぜひ今日の体験を通じて生き物の知恵も考えてみてくださいね!

|

« 8月22日森の楽校!:若レンジャー | トップページ | 超ハイテク技術の固まり:若レンジャー »