2021年6月11日

のぞみ園さんの「ピクニック」ガイド報告

今日は牛久市社会福祉協議会のぞみ園さんが「ピクニック」

に訪れ、ガイドを行いました。

2~3歳の幼児とその保護者の皆さんを駐車場そばの

タヌキの林からガイドスタートしました。

 

はじめて森を歩かれる方は「トトロがでてきそうだね。」

と言ってくれました。

道を歩きながら、子どもたちがみつけた

ダンゴムシ、オオヒラタシデムシ、ジャノメチョウ

アリの行進、ドクダミの花、

いろいろ見ていきました。

 

バッタの原ではカタツムリがヤマグワの葉で

見つけることができてみなさん歓声があがりました!

 

小さなショウリョウバッタがたくさん

見つけられ、子どもたちは手にものせられました。

枯れた草の近くで見つけたので、ベージュ色が

多く見つけるにもすぐ紛れて「あれっあれっ!」

追いかけっこです。

「こんなにいるとは思わなかった!」との

声もありました。

 

ネイチャーセンター前のビオトープで

トウキョウダルマガエルのダイビングの様子をみて

また、歓声があがり、最後は

ネイチャーセンターの水槽の生き物を見て

楽しんでもらえました。

 

今の時期の森を楽しんでいただきました。

また、秋にお待ちしております。

 

 

|

2021年6月10日

6月森のおさんぽ会開催報告

晴天の今日は森のおさんぽ会で

みんなでおさんぽしました。

 

第1駐車場の脇の林に集まってから

おさんぽスタート。

 

今はドクダミ、ユキノシタがきれいに咲いています。

子どもたちはアリ、ダンゴムシ見つけていきます。

道には桜の実がたくさん落ちていました。

 

小さなカタツムリが木の杭についていました。

「小さくてかわいいねー。」

 

「へんなのいるよー。」と見つけてくれたのは

オオヒラタシデムシの幼虫でした。

「ダンゴムシに似ているね。」だけど

違いがわかったんでしょう。よく気が付きました。

 

木陰ができていたので、その道のお日様の光が当たっている

ところだけをぴょんぴょんしながら子どもたちと

歩いていきました。

2021_06_10

原っぱではヤマグワの木でカタツムリを見つけました。

ヤマグワの実もたくさんなっていました。

 

みんなモンシロチョウ、小さなバッタをみつけてくれましたよ。

原っぱを自由に走り回って満足しているお子さんもいました。

 

そのあとはネイチャーセンターの前でカタツムリの動いている姿を

じっくり見ました。

 

みなさんご参加ありがとうございました。

そのまま木育ひろばで楽しい時間をすごされたようです。

 

森のお散歩、ぜひ楽しんでくださいね。

 

 

|

2021年5月22日

5月の幼児「生きものミッケ!」を開催しました

今週は梅雨の走りのようなお天気が続き、前日は雨でした。
ミッケ当日は!雨雲が切れて野外での開催が叶いました。
今月は、たくさんのお申し込みをいただきまして
2部構成で行いました。

はじめはカタツムリクイズに挑戦です。
事前に森から連れて来たカタツムリに「おっきいねー」。
「久しぶりに見ました」。と大人の方も見入っていました。
どっちがオス?メス?に「大きい方がメスだよ」。
「卵を産むからそうだよね」。と今回も虫好きの子ども達の声が*
正解は--どっちにもなれる にびっくりしていました。

ビオトープでオタマジャクシの成長を観察しようと皆で探しましたが・・・
たくさんいたのに見つかりません。
先週は足が生えていたのに、どこに行ったのかと目をこらしていると
足元で黒い小さな小石が動きました。もしかしたら!
1㎝程の子ガエルになって、上陸を始めていました。

Dsc_6062
周りを見ると「ここいもいるー」。「ちっちゃーい」。とたくさん見つかりました。
アズマヒキガエルは、子ガエルになると水辺から離れ、
森の中でエサを探して大きくなります。「おっきなカエルになるんだよ」。と
葉っぱに乗せて森の方へ運んでくれました。

Dsc_6068
バッタの原は、雨の後なので虫さんたちはまだ隠れているのかな。
なかなか見つかりませんでしたが、、皆の良い目でテントウムシ、モンシロチョウ
ヤブキリの幼虫(3cm位になっていました)、ダンゴムシ、
シデムシの幼虫が見つかりました。
最後に見つけた虫たちを、野原のおうちに帰して
5月の生きものミッケ!を終了しました。

~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*

次回6月の幼児「生きものミッケ!」は
6月26日(土)午前9時30分~10時開催です。
お申込みをお待ちしています😃

|

2021年5月14日

5月 大人の「森の絵本読み聞かせ会」を開催しました

Dsc_6040
雨も止んで、うれしい晴れのお天気になりました。
今月は「大人の絵本の読み聞かせ会」を開催しましたよ。

明日から梅雨のはしりのような天気が続くとの予報で。
貴重な今日の晴れ間は、洗濯かあちゃんだったのかしら。。。
お友達の姿が見えなかったので、ウオーキングで森に来園された
グループさんにお声かけをしたところ、読み聞かせ会にご参加くださいました。
大人の絵本読み聞かせ会開催です!!

◆今月の自然紹介◆
・アズマヒキガエルのオタマジャクシ
足がはえていました。
閉会後、センター水槽にいる成体と幼体の
アズマヒキガエルをご案内しました。
「あのオタマジャクシがこの大きさのカエルになるの!?」と
驚いていましたよ。
・カタツムリ
大きな個体を見るのは久しぶりと
飼育ケースの反対側からカタツムリの足を観察しました。
エスカルゴとカタツムリの違いは?の質問が!
エスカルゴは食用のカタツムリで養殖されたもので◎でした汗汗

Dsc_6023 
・香る草NO、1選手権開催
クサギ、サンショウ、ドクダミ、セリの4種類の葉っぱを準備しました。
「クサギは初めて」。「どんな香りがするの?」と
皆さん興味を持って参加してくれました。
2021年の好きな香りの葉っぱNO、1はーーーサンショウでした。
「セリの香りも好き」とセリとの接戦でしたが、どちらか1つで
サンショウに軍配が上がりました。

◆今月の大型絵本・紙芝居◆
サポートボランティアの簡ちゃんと、みかんちゃんが3冊を読みました。
①「はっぱのおうち」(大型紙芝居)
淡い綺麗な絵と、小さな生き物の描写に「どなたが描いているの」?と
興味を持たれていましたよ。大型絵本は牛久の中央図書館・
子どもコーナーで閲覧できますので行ってみてくださいね。

Dsc_6039
②「パンダさんパンダさん なにしてるの?」(紙芝居)
大人でもクスッとするところ、一緒でしたよ

③「ひつじパン」(大型紙芝居)
大人でも声を上げるところ、一緒でした*

「思いがけず新緑の中でゆったりとした時間が過ごせました。
野外で読んでもらう絵本。いいですね」。と感想を頂きました。
素敵な出会いに感謝しつつ、5月の絵本読み聞かせ会を終了しました。

~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*
次回、森の絵本読み聞かせ会の開催は、9月10日(金)です。
暑さが落ちついて、バッタが飛ぶ野原でまたお会いしましよう。

 

|

2021年4月24日

4月の幼児「生きものミッケ!」を開催しました

今年は1年を通して開催します*
幼児「生きものミッケ!」
春の野原で、どんな生きものが見つかるかな?

Dsc_5890
センター前のテントで、お友達とこんにちは!
まずは2つのビオトープを観察しました。
「何がいるの?」
だんだん目が慣れてくると「いた!」
「いっぱいいるよ」とアズマヒキガエルのオタマジャクシを発見👀
網ですくってみると、しっぽの付け根にぽっちりがありました。
足になる所です。
隣のビオトープではトンボの赤ちゃんのヤゴも見つけましたよ。


Dsc_5891
 春の野原では、卵から孵った虫の赤ちゃんがいっぱいです。
まだ小さいのでそっと手で包んで捕まえてねと
バッタの原で虫探しをしました。

「いないよー」と、なかなか見つからないお友達に
そーっと歩いて草が動いたところでしゃがんでと
伝えると、「見つけたーちっちゃいー」と
嬉しそうに見せてくれました。

皆の飼育ケースを並べて捕まえた虫を見せてもらうと
テントウムシ、ベニシジミ、
アマガエル(大、小)、
触覚の長い秋の鳴く虫の赤ちゃんが見つかりました。
大きくなってねと野原に虫たちを帰して
4月の生きものミッケ!を終了しました。

ミッケ終了後、ネイチャーセンターの水槽で
アズマヒキガエルの幼体と成体を紹介しました。
Dsc_5896
ヤゴの水槽では、竹の棒に上がって羽化をして
羽を乾かしているヤブヤンマと出会う事ができました。

~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*
3歳~5歳の未就学児対象
幼児「生きものミッケ!」
次回の開催日は5月22日(土)
午前9時30分~10時開催です。

参加費無料の行事ですが、
コロナ感染対策で定員制、事前予約制となっております。
お電話をお待ちしています。


 

 

 

 

|

«森のおさんぽ会 4月 報告