2020年9月29日

9/26(土) 秋の昆虫教室

秋になり、夏とは違った昆虫たちが見られるようになりました。

そこで、秋の昆虫をターゲットにした「秋の昆虫教室」を開催しました。

 

「秋の虫と言えば何?」と訊くと、赤とんぼ、コオロギ、カマキリなど様々な虫の名があがりました。

今回は、この中でも特に「カマキリ」に注目してみました。

Img_0814

原っぱへの出発前、まずはカマキリかくれんぼクイズ!

写真のどこにカマキリが隠れているかな??

「オスは体が細く遠くまで飛べるけど、メスは体が重く飛べない」

「秋が深まると日当たりのよい壁際や道路の上にも出てくる」

など、カマキリの不思議な生態について紹介しました。

 

原っぱに移動していよいよ昆虫採集タイム開始♪

しかし、太陽が出ない曇り空で気温も上がらなかったため、カマキリの姿はやや少なめ。

それでもショウリョウバッタやツチイナゴなどのバッタ類は姿を見せてくれました!

Img_0815

最後は傘と棒を使った「ビーティング」と呼ばれる昆虫採集にも挑戦!

カネタタキやモリチャバネゴキブリなどの小さい昆虫たちが観察できました。

 

今回は曇り空で昆虫は少なめでしたが、まだまだ昆虫のシーズンは続きます。

太陽が照る秋晴れの日に、ぜひ秋の昆虫を探しに出かけてみましょう♪

|

2020年9月20日

9/20(日) 定例バードウォッチング

新型コロナの影響や夏の暑さにより、しばらく実施できなかったバードウォッチング。

前回の開催が2020年1月ということで、観察の森としては実に8か月ぶりの開催となりました。

前日の段階で雨天が見込まれ、一度は中止の判断をしてしまいましたが、当日朝になってみると雨は降らなさそうな気配・・・

そこで、少人数ながら集まった方たちで実施することにしました。

 

開始直後、まずはバッタの原でシジュウカラが出迎えてくれました。

ビートルズトレイルでは、観察の森では珍しいキセキレイの姿が確認できました。

20200920_092736

田んぼではアオサギ、ダイサギ、チュウサギといったサギの仲間たち。

遠くではモズの高鳴きも聞こえました。

 

本日見られた野鳥は計14種類でした。次回は10月18日(日)9時~10時半となりますので、ぜひお越しください。10月にはジョウビタキなどの冬鳥の姿も見られる可能性がありそうです。

 

観察できた野鳥(♪:声のみ確認)

キジバト、アオサギ、ダイサギ、チュウサギ、カワセミ、モズ、カケス♪、ハシボソガラス、ハシブトガラス、シジュウカラ、ツバメ、スズメ、キセキレイ、ハクセキレイ

計14種類

|

2020年9月17日

9/17(木) 岡田小学校5年生 自然体験学習

牛久市立岡田小学校5年生の自然体験学習を実施しました。

各クラスに分かれて「ネイチャーガイド」「クラフト体験」「園内散策」のご案内をしました。

 

Dsc_4995

ネイチャーガイドでは、フクロウの生態やバッタの原の昆虫を紹介しました。

オオカマキリ、エンマコオロギ、ツチイナゴなどの昆虫が見つかりましたよ♪

その後はネイチャーセンターに入って水槽コーナーを見学してもらいました。

ウナギやイモリなど、普段見る機会の少ない生き物たちを知る機会となったようです。

 

Dsc_5009

クラフト体験では、広葉樹のスプーン作りを体験しました。

自然体験学習の思い出として、いつまでも大切に使ってもらいたいですね。

自分で作ったスプーンをカレー用にするか、ヨーグルトに使うか意見が飛び交う児童もいたようです♪

 

Dsc_5006

園内散策では、ヒグラシの林から森の奥にある「もりっQ」を活用したプログラムを実施しました。

クイズに答えながら、生き物たちの痕跡を楽しく学ぶことができたようです♪

 

自然を大切にする気持ちを忘れずに、ぜひまた遊びに来てくださいね。

|

2020年9月13日

「生きものミッケ!」を開催しました。

幼児対象 森の中の小さな観察教室
「生きものミッケ!」9月第2回を開催しました。

前日の雨もあがり、開催時間までに野原の草も乾きました。
みんなついてる!

集まってくれたお友達と野原に出かける前にテントの下で
地面にある、すり鉢状の穴を観察👀
「たくさんある!」。「何だろう?」
アリジゴク=ウスバカゲロウの幼虫の巣穴です。
セミの抜け殻がたくさんついている木も発見しました。

目が慣れて来た所で、野原に出発です!
雨が降った後なので、虫たちも動きがゆっくり。
すぐにメスの大きなショウリョウバッタが見つかりました。

Img_0757

初めてミッケ!に参加して下さったパパさんから
「子どもがこんなに夢中になってくれるとは思わなかった。
この子用の虫取り網を買って帰ります」。と話てくれましたよ。

R20913
どんな虫が見つかったかな?飼育ケースの中をみせてもらうと
オンブバッタのオス・メスが多かったです。
ルリシジミ、ショウリョウバッタモドキ、
そしてカブトムシのオスの死骸が入っていました。

大人になった成虫のカブトムシが元気に活動する期間は
6月の下旬~お盆頃まで。
交尾をしてメスは卵を産んで子孫を残すと
9月頃までには死んでしまうことを話すと
最後に野原に虫たちを帰す時に、死んだカブちゃんを
土に埋めてくれましたよ。優しいね。ありがとう*

次回10月の「生きものミッケ!」は
4日(日)と10日(土)の2回開催です。
コロナ対策で予約制となっています。
お申込みをお待ちしています🐞

|

2020年9月 6日

「生きものミッケ!」を開催しました

幼児対象 森の中の小さな観察教室
「生きものミッケ!」を開催しました。

こちらは幼児昆虫教室の新バージョン!!
コロナ禍に配慮し、定員での開催です*

虫取りを待ちきれないお友達と
秋を見つけながらバッタの原に向かいました。
野原に踏み込むと足元でバッタが跳ねています。
秋の虫達の季節到来です!

草の中にどんどん入ってオオカマキリを発見👀
先月は、まだ羽が生えてなかったカマキリも
最後の脱皮をして成虫になり鎌を振り上げて威嚇!
カマカマされてもしっかり捕まえていましたよ。

「オンブバッタのメスを捕まえたー」
「体が大きいのがメスだよ」。
虫好きのお友達が多くみんな詳しい**

コオロギ、オンブバッタ
ベニシジミ、モンシロチョウ、オオカマキリ、
ショウリョウバッタ
ショウリョウバッタモドキが
飼育ケース中に入っていました。

皆で観察をしたら捕まえた虫たちを野原に帰します。
オオカマキリが飛んで行く姿に元気でね~と声をかけていました。
会が終了しても、虫取りを楽しんでいましたよ。

次回は9月13日(日)開催ですが
予約がいっぱいになってしまいました。。
(*10月、11月も月2回の開催を予定しています。
ご予約開始日が決定しましたら森のHP、ポスターにてお知らせ致します)








|

«8/15(土)~23(日) 特別展「鳴く虫」